2010年01月06日

土地購入疑惑 ゼネコン一斉聴取 大久保被告「小沢氏指示で探す」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」が平成16年に購入した土地をめぐる疑惑で、東京地検特捜部は5日、陸山会会計責任者だった小沢氏の公設第1秘書、大久保隆規被告(48)=政治資金規正法違反罪で公判中=から任意で事情聴取した。また、特捜部は同日、小沢氏の地元、岩手県奥州市で建設中の胆沢ダム工事に参入している大手ゼネコンや下請け業者の関係者からも一斉に事情聴取した。

 この疑惑では、当時会計事務担当だった民主党の石川知裕衆院議員(36)=北海道11区=と、後任の事務担当者だった元秘書がすでに聴取を受けている。特捜部は石川氏を規正法違反容疑で立件する方針で、来週中にも強制捜査か任意捜査で在宅起訴するか最終判断するとみられる。

 関係者によると、大久保被告は「小沢氏の指示で土地は探したが、その後の取引は石川氏に引き継いだので知らない」などと説明、陸山会の政治資金収支報告書への不記載について関与を否定したという。

 胆沢ダムをめぐっては、小沢氏側が土地取引を行った16年10月と、17年春に、重機土木大手「水谷建設」から工事受注の成功報酬として計1億円の裏献金を受け取ったとされる疑惑が浮上。特捜部は昨年来、水谷建設を含む受注業者の営業担当者らから断続的に事情聴取を行ってきたが、土地取引をめぐる陸山会の不透明な資金の流れの解明には、再度の聴取が不可欠と判断したもようだ。

 陸山会は16年10月、東京都世田谷区の土地を約3億4千万円で購入。小沢氏側は4億円の定期預金を担保に、金融機関から借りた4億円を土地代金に充てたと説明していたが、同会が土地代金を支払ったのは融資を受ける前だったとされる。

 石川氏は特捜部の事情聴取に「小沢氏の個人資金約4億円を土地代金に充てた」と説明。不記載については認める一方、水谷建設からの裏献金疑惑については否定したとみられる。特捜部は小沢氏が拠出したとされる約4億円の原資の解明を進めている。

【関連記事】
東京地検、小沢氏に近く出頭要請 「陸山会」土地購入疑惑で聴取へ
大久保被告を聴取 東京地検 ゼネコンも聴取へ
小沢氏「陸山会」 不記載は10億円か
小沢“金脈”どこまで迫れるか 石川知裕議員から事情聴取
小沢氏、秘書裏切り? 特捜「鉄の団結」切り崩しへ

My First JUGEM!
m3bkpn50の日記ブログ管理ツール
モバイル ホームページ
2ショットチャット
出会いランキング
posted by b3exrn6i2p at 15:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。