2010年03月08日

官房長官も「トラスト・ミー」、駐日米大使に(読売新聞)

 平野官房長官が沖縄県の米軍普天間飛行場の移設問題を巡りルース駐日米大使と2日夜に会談した際、鳩山首相が5月末とした決着期限を守る趣旨で「トラスト・ミー(私を信じて)」と伝えていたことが分かった。

 昨年11月の日米首脳会談でも、首相がオバマ大統領に同じ言葉を伝え、普天間問題の年内解決を約束したと米側に受け取られ、不信を招いた経緯がある。

 平野長官は5日午前の記者会見で「(5月末までに移設先を決定する考えを伝えた際に)『私を信じて何か具体的なことを言って下さい』と、向こうが先に言った。相づちの言葉として、私も『トラスト・ミー』と(言った)」と説明した。

大牟田高「阿久根市長旗の駅伝」出場取りやめ(読売新聞)
弁護士の懲戒処分、最多76件…人数増要因?(読売新聞)
<カーリング>「チーム青森」登場…北見で日本選手権開幕(毎日新聞)
貸金業法の運用見直し=検討チームが初会合(時事通信)
覚せい剤1.5キロ密輸図る=体に巻き、香港人逮捕−成田(時事通信)
posted by b3exrn6i2p at 21:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鳩山首相、協議機関「全党協力に期待」=企業献金禁止、今国会で結論を(時事通信)

 参院予算委員会は4日午前、鳩山由紀夫首相と全閣僚が出席して、2010年度予算案に関する基本的質疑を続行した。首相は、企業・団体献金禁止など政治資金規正法改正に向けた与野党協議機関の設置に関し、「政治不信を払しょくする重要な手だてだ。ぜひ、全党が協力して協議機関ができることを期待している」と述べ、与野党の協力を求めた。
 また、首相は「積極的に議論を進め、できるだけ今国会で結論を見いだしてほしい」と述べ、今国会での法改正に期待を示した。民主党の高嶋良充参院幹事長への答弁。
 中小企業の経営支援については、「中小企業を中心に担当する大臣を置くか、さらに検討を進めている。中小企業支援会議のようなものをつくりたいと考えている」と述べた。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真ニュース〕鳩山首相、協議機関「全党協力を」
〔写真特集〕美しすぎる市議 藤川ゆり
邦人全員の無事確認=チリ大地震で
鳩山首相、協議機関「全党協力を」=予算案、参院委で審議続行

修学旅行中に体罰、法政大高2教諭を懲戒解雇(読売新聞)
ハプスブルク家の栄華 神戸でオーストリア大宮殿展始まる(産経新聞)
4221人を門前払い 国公立大の2次試験中後期日程(産経新聞)
賃金体系維持に厳しい姿勢=電機大手の春闘で経営側(時事通信)
学力テスト 問われる抽出方式(産経新聞)
posted by b3exrn6i2p at 06:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。