2010年01月25日

<陸山会土地購入>小沢氏資金、「積み立て」記載漏れの疑い(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で、小沢氏が16日に土地購入の原資と説明した「金融機関に積み立ててきた個人の資金」が国会議員の資産として公開されていないことが分かった。「国会議員の資産公開法」は、手形や小切手を決済する原則無利息の当座預金と普通預金を除くすべての預貯金公表を義務付けているが、小沢氏の過去の公開時の資産報告書にはなく、「積み立て」が事実なら記載漏れの疑いがある。【政治資金問題取材班】

 国会議員の資産公開は選挙後に行われ、所有する不動産、株券、借入・貸付金、金銭信託、預貯金などを公表する義務がある。ただし罰則はない。

 政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑の舞台となった東京都世田谷区の土地購入に充てたとされる手持ち資金4億円について小沢氏は、16日の党大会で「積み立ててきた個人の資金」と説明。当時の事務担当者で小沢氏の私設秘書だった同党衆院議員、石川知裕容疑者(36)=北海道11区=の弁護人は「亡父の相続財産を小沢氏と妻が信託銀行に預けていたものを約10年前に引き出した」としている。積み立ては積立預金や定期積み立て、信託銀行への預け入れは金銭信託とみられるが、いずれの場合も資産として報告しなければならない。

 だが、小沢氏の資産報告では少なくとも96年の衆院選以降、預貯金はすべて「該当なし」となっており、記載漏れの疑いが強い。

 一方、小沢氏は07年2月に世田谷区の土地取得に関する説明などのため会見を開き(1)売買契約書(2)不動産業者が売買の成立を証明するため発行する売渡証書(3)不動産が小沢氏個人のものでなく陸山会が所有することを示す、私的な確認書−−を公表している。

 このうち売買契約書の日付は、政治資金収支報告書に記載のある「05年1月7日」ではなく、手付金が支払われた「04年10月5日」、売渡証書の日付は残金の支払いを終えた「04年10月29日」だった。しかし、確認書の日付は収支報告書と同じく「05年1月7日」。07年の会見で小沢氏は「確認書は私が作っている」と述べており、実際の売買成立日と収支報告書の記載が食い違うことを認識しながら確認書を作成した疑いもある。小沢氏の事務所は毎日新聞の取材に「弁護士に任せている」と答えた。

【関連ニュース】
陸山会土地購入:水谷建設社長が辞任 「健康上の理由」
陸山会土地購入:虚偽記載、池田元秘書も容疑認める
陸山会土地購入:小沢幹事長聴取、再び要請 東京地検
資金提供:「元請け5000万円補てん」水谷建設元幹部
虚偽記載:「大久保秘書に報告」石川議員、認める供述

名護市長選、「普天間」首相判断に影響も(読売新聞)
「低下」初めて「上昇」上回る=1年後の物価見通し−12月の消費動向調査(時事通信)
新型インフル 和歌山県内で初の死者 85歳女性(産経新聞)
車ナンバー「刻印」でバレた!ひき逃げ銀行員逮捕(読売新聞)
清水建設元作業所長ら書類送検=パイプライン工事爆発−新潟県警(時事通信)
posted by b3exrn6i2p at 16:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月24日

ブルジュ・ハリファ 124階は浮遊感…雲に手届きそう(毎日新聞)

 銀色に輝くビルの先端部に長い飛行機雲が交差して行った。アラブ首長国連邦(UAE)ドバイに開業した「ブルジュ・ハリファ」(160階、828メートル)。総工費15億ドルを掛けた世界一の超高層ビルだ。ビルはどこまで高くできるのか?【ドバイ鵜塚健、遠藤拓】

【関連写真】展望デッキから見た「下界」の景色をみる 高すぎて「恐怖より浮遊感」

     *

 124階のビルの展望デッキ(442メートル)の人気もうなぎ登りで、週末のチケットは2、3日前には売り切れる。14人乗りのエレベーター2基が、30分ごとに入場制限して運行。平日は約700人、週末は約800人しか運べないのだ。急きょ登場した待ち時間なしの「優待券」は400ディルハム(約1万円)もする。

 貴重なチケット(大人100ディルハム)を手に17日午前、デッキへ。入り口から、揺れや衝撃を全く感じさせない高速エレベーターに乗ってちょうど60秒後、扉の向こうから光があふれてきた。

 デッキの周囲は360度のガラス張りで、一部は床が板張りの屋外テラス。頭上の雲には手が届きそうだ。下をのぞいてもあまりに高すぎて、恐怖感より浮遊感を感じた。

 エジプトへの新婚旅行の途中で寄った会社員の山口卓也さん(34)=東京都品川区=は「近代的なビルと未開発の砂漠地帯の両方が見られて面白い」と笑顔を見せた。米コネティカット州から来た大学教授、マイク・トンプソンさん(54)は「ここは視界が開けて最高」と満足げだった。

 田舎の港町が急速に発展したドバイ。中心部の高層ビル街から少し視線を離すと、砂漠が広がる。昨秋、日本にも深刻な影響を与えたドバイ金融市場が入るビル群は、上から見ればなんだかおもちゃの積み木のように見えてくる。

      *

 超高層ビルはどこまで高くできるのか。「1000メートル、2000メートルも可能」と準大手ゼネコン「熊谷組」の担当者。ブルジュ・ハリファ登場までは世界一だった台湾の「台北101」(508メートル)の建設に当たった。

 日本一の横浜ランドマークタワー(296メートル)を建設した「大成建設」。設計本部理事副本部長の細澤治さん(58)は「1マイル(約1600メートル)はいける」と話す。細澤さんによると、下の階ほど重量を支える強度が、上の階は強風の影響があるため窓ガラスなどの厚みが必要になる。

 「千メートルビルを建てる」の著者の尾島俊雄・早稲田大名誉教授(都市環境学)は、ビル底面の短い辺の長さとビルの高さとの比に着目する。「日本の高層建築は1対3〜5が多いが、今は1対10で1000メートルのビルを造れる」。1対5.5のブルジュ・ハリファより1対7の台北101の方が構造的に難易度が高いという。

 日本は技術力はあるが世界一には及ばない。航空法で、空港から一定の範囲内では、滑走路の決められた地点の高さから295メートルを超える建物は建てられないためだ。「多くの大都市は空港に近く、300メートル級が限界。田舎に1000メートルのビルがあってもマーケットは成り立たない」(尾島さん)

 中東では他にも1000メートルのビル構想が持ち上がる。尾島さんは言う。「人口が過密で都市スケールが大きいアジアやけた違いのオイルマネーを持つ中東では、『挑戦』は続くでしょう」

【関連ニュース】
<ブルジュ・ハリファ>高さは828メートル 世界一高いビル
<ブルジュ・ハリファ>エレベーターに缶詰め 世界一高層ビル
<宇宙から見たドバイの写真>
<写真特集>日本初の超高層ビル・霞が関ビルが完成
<写真特集>いろいろなタワーが満載

<雑記帳>店丸ごと“エコ” セブン−イレブンが最先端店舗(毎日新聞)
小沢氏疑惑 閣僚反応 前原「事情聴取応諾は大変結構」(産経新聞)
<山手線>東京駅で人身事故、運転見合わせ(毎日新聞)
現場マンションに指紋の男、再逮捕へ 南青山の飲食店従業員殺害(産経新聞)
「全面的に闘っていきたい」民主党大会で小沢氏(読売新聞)
posted by b3exrn6i2p at 23:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月23日

<朝青龍関>酔って知人突き飛ばす…警察出動の騒ぎに(毎日新聞)

 大相撲の横綱・朝青龍関(29)が初場所開催中の16日未明、東京都港区内の路上で酒に酔って知人の男性(31)を突き飛ばし、警視庁麻布署員が出動する騒ぎを起こしていたことが22日、明らかになった。師匠の高砂親方(元大関・朝潮)から報告を受けた日本相撲協会の武蔵川理事長(元横綱・三重ノ海)は「(暴力行為は)相手が誰であろうが、やってはいけない。初場所が終わったら、師匠を含めて注意する」と語った。この知人は朝青龍関の個人マネジャーを務めており、被害届は出さなかった。朝青龍関は22日の取組後、「たいしたことではない」と語った。【大矢伸一】

【関連ニュース】
大相撲初場所:朝青龍、1敗守り賜杯に王手 白鵬3敗目で
大相撲初場所:白鵬2敗目、朝青龍が1敗守り単独トップに
大相撲初場所:両横綱は1敗守る 2敗消えて3敗に8人
大相撲初場所:把瑠都1敗死守、両横綱も勝ち越し…9日目
大相撲初場所:両横綱は1敗守る…把瑠都ら3人も 8日目

首相と自民総裁が直接対決へ=21日から衆院予算委(時事通信)
「特捜部にも説明責任ある」…中井公安委員長(読売新聞)
小沢氏聴取、早期実現を=鳩山首相(時事通信)
警察署HPに補導少年49人の実名を誤掲載(読売新聞)
穀物供給国の事情視察へ=安定調達に布石−政府(時事通信)
posted by b3exrn6i2p at 22:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。